毛根の機能を破壊する永久脱毛は医療レーザーのみ可能な方法

綺麗な仕上がりの脱毛処理を謳う施設は多数ありますが、中でも永久脱毛が可能なのは美容外科など医療機関に限られています。これは永久脱毛の定義が二度と体毛が生えてこないことであり、そのような脱毛処理ができるのは医療機関で扱うレーザー機器以外には存在しないためです。永久脱毛は毛根にレーザーを照射して焼き潰し、完全に破壊する行為を意味しています。毛根を焼き潰すほどの強い出力でレーザーを照射できるのは医療用のレーザー機器だけです。医療機器は医師免許を持つ人だけが扱うことができるので、必然的に医療機関でのみ永久脱毛が可能になります。エステサロンや美容院で行っている光脱毛は仕組みが似ているものの、毛根を完全に破壊することはできません。

二度と脱毛処理を行う必要が無いのが魅力だが注意点もある

医療レーザー脱毛は一度処理を行った部分からは二度と体毛が生えません。そのため、他の方法のように何度も脱毛処理を行う必要が無いのが最大のメリットと言えます。短期間に脱毛処理を何度も行うと表皮に大きなダメージが生じてしまい、色素沈着や角質化などの重大なトラブルに見舞われる可能性が否定できません。また、費用も高額化しやすいため、長期的に見れば医療レーザー脱毛の方が体にも財布にも優しいと言えるでしょう。その一方で医療レーザー脱毛は日焼けやかさぶたのある部分にはほとんど効果がありません。これはレーザーが濃い色に反応して拡散するためです。肌質によっては強い痛みを感じることもあるので、安全に脱毛処理を行うには事前の入念な検査が不可欠と言えます。